乳がんnaviトップ > その他乳腺外科


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳腺外科

乳がんの検査や治療のためにはまず最初に訪れるのは「乳腺外科」です。
しかし乳がんの治療は手術で完結するものではなく、薬物療法や放射線治療を乳がんの進行度などを鑑みつつ行います。そのため、乳がんの治療の一環では、乳腺外科以外にも多くの分野のスタッフとの関連を受けます。

乳がんの治療に携わるスタッフ

乳がんの治療に関わる主なスタッフを挙げると、「乳腺外科医(診断・手術など)」「形成外科医(手術・乳房再建)」「病理医・技師(組織・細胞診断)」「腫瘍内科医(薬物療法)」「放射線診断医」「放射線治療医」「看護師(病棟・外来)」「薬剤師」「栄養士」「検査技師」「理学療法士(リハビリテーション)」「放射線技師」「ソーシャルワーカー(社会復帰のアドバイスなど)」「ボランティア団体(患者団体など)」と非常に多岐に渡ります。

緊密な体制の取れる環境整備が大切

乳がん患者の多いアメリカでは、乳がん患者さん一人につき各領域の専門家がそれぞれの立場から検証をする会議が行われるようなシステムをとっています。乳がん治療は医師のみによって行われるのではなく様々なケアが必要となるため、多方面で緊密な体制の取れる環境整備をすることは治療と同じくらい重要な意味を持ちます。

何より大切なものは病に負けない心

しかし、もっとも大切なのは乳がん患者さん自身が主体性をもって治療に参加してゆくようにすることです。最初に診断を求める乳腺外科では、治療にかかる前に方針や必要な時期など詳しい説明を受けるようにしてください。

乳がんとの闘病は再発の可能性を含めかなり長期にわたるため、まずはしっかりとした気持ちを持つよう心がけましょう。

スポンサードリンク

乳腺外科は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .