乳がんnaviトップ > 術後について乳がんのリンパ節転移


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳がんのリンパ節転移

リンパ節全てを郭清する腋窩リンパ節郭清

数年前までの乳がんの治療では、わきの下のリンパ節(腋窩リンパ節)を一貫して郭清する「腋窩リンパ節郭清」が常識的に行われてきました。しかし、腋窩リンパ節郭清は多くの人に重い後遺症状を残してしまう原因にもなってしまっており、大きな問題があることを指摘されてきた方法です。

リンパ節への転移を防ぐ施術方法

腋窩リンパ節郭清が行われてきた理由とは、乳がんはリンパ節を通じて転移が起こることから、のちの転移を防ぐためにも前もって取ってしまうことが安全であるという考え方に基づくものです。

一時期には胸骨や鎖骨にまでおよぶリンパ節のすべてを郭清していたこともありました。さらに、腋窩リンパ節郭清によって切除した部位からは、かなり多くの転移状況を知るための情報を得ることができたためです。

非浸潤性乳がん・浸潤乳がんについて

乳がんは、乳房の発生部以内にとどまる非浸潤性乳がんと他の部位に転移をしてしまう浸潤乳がんに区別ができます。浸潤乳がんとなってしまったがん細胞は、すでにいずれかの部位に転移を起こしてしまっている可能性がかなり高くなります。そのため浸潤乳がんと診断されたあとの施術として、腋窩リンパ節郭清を行なってもすでに転移はなされているのであまり効果は望めないということがわかりました。

現在の主流療法、センチネルリンパ節生検

実際に、臨床例を集めたデータによれば浸潤乳がんの治療において腋窩リンパ節郭清をした場合としない場合とで生存率に変化はないことが統計的に明らかになっています。現在では腋窩リンパ節郭清は行われず、代わってセンチネルリンパ節生検が主流な治療方法となってきました。

スポンサードリンク

乳がんのリンパ節転移は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .