乳がんnaviトップ > 術後について乳がん手術後の検査について


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳がん手術後の検査について

定期的な検診で再発を防止する

乳がんは手術や放射線治療、薬物療法によって一旦は症状が落ち着いたとしても、数年ののちに再発をする可能性がある病気です。そのため乳がんの治療の終了のあとも、定期的に検査を受けてゆくことが大切です。

乳がんの再発は、「局所再発」、「領域再発」、「遠隔転移(臓器転移)」という種類があります。

局所再発について

局所再発とは、手術や放射線治療などをした部位が、再び同じがん症状となって発生してしまうことです。最初の乳がん治療として乳房の全切除をおこなったのち、残った皮膚や皮下に発生した場合を胸壁再発といいます。

乳房での再発と摘出後の胸部での再発はどちらも「局所再発」としてまとめて呼ばれまる。
ただし、乳房温存療法を行ったのちの残存乳房に発生する再発の場合は局所再発とは区別されます。胸壁再発の場合の多くでは、遠隔転移が起こってしまっています。

領域再発と遠隔転移の違い

領域再発とは、乳房付近にあったリンパ節(領域リンパ節)にあった微小転移が成長してがん化したものをいいます。遠隔転移が起こると胸部からかなり離れた体の部位にがん化の徴候が見られます。

乳がんの場合、骨、肺、肝臓、脳などへ転移する可能性が高いと言われています。肋骨や鎖骨などの近い部位で転移が起こっている場合であっても、名称としては「遠隔転移」として区別されます。

専門用語では、がんが最初に発生した場所のことを「原発巣」といいます。乳がん後の定期検査では、胸部での局所再発はもちろん、領域再発や遠隔転移がおこっていないかを詳しく調査します。

スポンサードリンク

乳がん手術後の検査については以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .