乳がんnaviトップ > 術後について乳がん後の母乳は大丈夫?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳がん後の母乳は大丈夫?

授乳期に発見される乳がんもある

「授乳期乳がん」という言葉が聞かれることがありますが、正しくはこれは医学的な専門用語ではなく、単純に乳がんの発見された時期によってなされる分類のことです。

授乳は乳がん予防のためにかなり大きな効果を持つものであるため、一見授乳と乳がんは無縁のもののようにも考えてしまいます。しかし確率的にはそれほど多くはありませんが、授乳期に発見される乳がんも存在しています。

妊娠中は乳がんの発生率が低くなる

妊娠や出産の前後には、女性の体は大きな変化があります。その最たるものが女性ホルモンの分泌量の変化で、ほかにも卵巣の活動が活発になることでさまざまな変化が起こります。ただし、女性の生理中に多く分泌がされる「エストロゲン」妊娠中には分泌されなくなります。

エストロゲンに体内がさらされなくなると、乳がんの発生率は低くなるということが研究によって解明されているので、授乳期に乳がんが発覚するというのはいかに珍しいケースであるかがわかります。

母乳のつまりには注意が必要

授乳期に発覚する乳がんの特徴は、授乳に困難を感じるような「母乳のつまり」が起こることです。
母乳のつまりを相談するために受診をしてそこで発覚する乳がんもあります。

一説によると、乳がんを患った女性が母乳を赤ちゃんに与えることにより、乳がんがウイルス感染により罹患してしまう場合があるようです。つまり、授乳期乳がんがわかった場合やすでに一度乳がん治療を受けた人は、なるべく母乳を赤ちゃんには与えないようにした方がよいということです。

スポンサードリンク

乳がん後の母乳は大丈夫?は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .