乳がんnaviトップ > 乳房再建手術乳房再建手術(二期再建)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳房再建手術(二期再建)

乳がんの治療を行うとき乳房の温存を希望していたとしても、乳房内のしこりが大きすぎたり、複数のしこりが離れた位置にできてしまっているような場合には、乳房切除術が行われます。
乳房切除術では乳房のすべてが切除されてしまうため、術後に乳房の維持を希望する患者さんは、乳房再建手術を受けることとなります。

日本では二次再建が主流

乳がん治療のための手術ののち、一定期間をおいて改めて乳房再建手術を受けることを「二次再建」といいます。手術による患者さんの肉体的・経済的・精神的な負担を考えると、一度の施術で完了する「同時再建(一時的再建)」の方が本来は乳房再建としては理想的なのですが、現在さまざまな理由により「二次再建」の方が現場では多く選択されています。

二次再建が適応される理由

二次的再建を行うケースとしては、乳がんの進行が進んでおり、乳房切除術の終了後に放射線療法を行う必要がある場合があります。再建乳房が放射線療法の影響を受けることが考えられるため、二次的再建を行う方がよいと言われているためです。

人口乳房と自己組織の利用について

乳房の再建術には、自分の体内の別組織を利用する方法と、人工乳房を利用する方法とがあります。自分の組織を利用する場合には、腹部の筋肉や脂肪を移動させる方法(腹直筋皮弁)と、背中の筋肉と脂肪を移動させる方法(広背筋皮弁)があります。

いずれの方法による場合にも、メリットとデメリットがあるため、施術を行う前に担当医とよく相談をして治療の時期や方法を決めてゆくとよいでしょう。

スポンサードリンク

乳房再建手術(二期再建)は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .