乳がんnaviトップ > 乳房再建手術乳房再建手術(同時再建)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳房再建手術(同時再建)

摘出と再建を同時に行う

乳がんの治療のために行われる摘出手術時に、同時に乳房の形状を保持するための施術を施されることを「同時再建(一時的再建)」といいます。

日本においては乳がんの病巣切除と乳房の再建は別の担当医によって行われるものとされていることが多いのですが、別々の施術を受けるよりも同時に行う同時再建の方が、より美しく形状の保持が可能であることは明らかです。

生命の維持が最大の目的

乳がん手術における乳房の同時再建に抵抗を持つ患者さんの中には、理由として「安全性に不安がある」ことを挙げる人もいます。確かに、乳がんの治療は生命の維持を目的とするものなので、美容を優先に考える意識はなかなか持ちにくいものです。
実際、乳がん手術の多くは臨床試験による検討が日々行われていますが、乳房再建手術についてはそれほど多くの現場で検証されているわけではありません。

同時再建のメリット

これまで乳房再建を受けた患者さんと、乳房再建手術を受けずに摘出手術のみを行った患者さんとを比較した場合、生存率に差は認められていません。この統計については収集方法にやや偏りがあるため客観性という意味では少々問題はあるのですが、それでも乳房再建手術が乳がん治療に何らかの悪影響を及ぼすものであるとは考えられません。

乳房再建手術を同時再建で行う場合、二次再建を受ける場合に比べてかなり美しく再現することが可能です。患者さんにとってもあらためて切開をしなくてはいけない二次再建よりも、同時再建の方が肉体的にも経済的にもメリットのある方法と言えるでしょう。

スポンサードリンク

乳房再建手術(同時再建)は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .