乳がんnaviトップ > 抗がん剤抗がん剤治療の目的・効果


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗がん剤治療の目的・効果

抗がん剤治療について

乳がんをはじめとしたがん全般的な治療方法として、現在広く使われているのが「化学療法」です。
化学療法は正式には「細胞毒性化学療法」という名称の治療法であり、化学療法で使われる薬のことを総称して「抗がん剤」といいます。

抗がん剤は正常な細胞に対して毒性を発揮するもので、がん細胞と同じように活発な細胞分裂をする細胞(粘膜、毛母細胞など)に対しても深刻なダメージのもととなってしまいます。抗がん剤の副作用もかなり重く、吐き気や脱毛といったものが挙げられます。

複数の薬剤を組み合わせる多剤併用療法

乳がん治療に使われる抗がん剤には数十種類があり、それらのうち2〜3種類を組み合わせる多剤併用療法が用いられることが一般的です。数学的にはこの薬品の組み合わせパターンはほぼ無数(レジメン)となっています。ただし、乳がんの治療目的として限定した場合、抗がん剤の併用パターンはだいたい似たようなものに絞られます。

どういった場面でどのような組み合わせによって化学療法を行うのが最良であるかについては、現在もさまざまな場所で研究が重ねられています。「科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン」といったガイドラインでは、術後療法として推奨される薬剤の組み合わせ方法が提唱されています。

投与回数について

化学療法による抗がん剤の投与回数については「クール」や「サイクル」といった単位で行われます。このクール・サイクルは症例や医師の判断により、やはりさまざまに異なった方法で行われています。

スポンサードリンク

抗がん剤治療の目的・効果は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .