乳がんnaviトップ > ホルモン療法アロマターゼ阻害薬


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アロマターゼ阻害薬

ホルモン治療薬の一種

乳がん治療として使用されるホルモン治療薬の一種が「アロマターゼ阻害薬」です。アロマターゼとは肝臓や皮下脂肪の中に存在する酵素です。

閉経となった後には、それまで卵巣で生成されていた女性ホルモンであるエストロゲンは、副腎から分泌される男性ホルモンであるアンドロゲンが変換される形で作り出されるようになります。つまり、同じ女性ホルモンエストロゲンであっても、閉経前と後とでは生成のためのメカニズムそのものが大きく異なるということです。

アロマターゼの効用について

アロマターゼ阻害薬の働きは、この男性ホルモン「エストロゲン」がアロマターゼという酵素によってエストロゲンに変換されるのを防ぐための薬品です。

アロマターゼは肝臓や皮下脂肪内以外にも乳腺まわりの脂肪組織にも存在しているので、乳腺付近でエストロゲンが生成されてしまうと、エストロゲンの受容体を持った乳がん細胞を活性化させてしまいます。したがってアロマターゼ阻害薬が処方されるのは主に閉経後の女性に対してです。

アロマターゼ阻害薬の種類として「アナストロゾール(アリミデックス)」や「エキセメスタン(アロマシン)」などがあります。卵巣が機能しなくなった人に対して適用されるものと定められている薬品です。

副作用について

アロマターゼ阻害薬の副作用としては、吐き気や嘔吐、食欲不振や腹痛、疲労感、めまいなどを感じてしまう人もいます。ホルモンの分泌量を抑える働きをするため、更年期障害に似た症状を見せることが多くなります。

スポンサードリンク

アロマターゼ阻害薬は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .