乳がんnaviトップ > ホルモン療法抗エストロゲン薬


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗エストロゲン薬

ホルモン治療はがんの進行を遅らせる

乳がん治療の種類として、乳がん細胞の増殖を促すエストロゲンを抑制させてがんの進行を遅らせる「ホルモン治療」が行われています。ホルモン治療はすべての乳がんに対して行われるわけではなく、乳がんによって発生したがん細胞がエストロゲンの受容体(レセプター)を持っている場合にのみ有効な方法となります。

ホルモン治療の適応条件

乳がんの6〜7割はホルモン感受性が陽性、言い換えれば女性ホルモンの受容体を持っているタイプであると言われています。受容体(レセプター)を持っているかどうかは、手術によって摘出したがん細胞を詳しく調べてみれば確認をすることができます。
受容体のない、すなわちホルモン感受性陰性(非感受性)の乳がんの場合にはホルモン治療は行われません。

抗エストロゲン剤について

ホルモン剤を使った乳がん治療では、抗エストロゲン剤がよく使われます。
抗エストロゲン剤とはエストロゲンよりも先に受容体と合体する働きを持つもので、使用することによってエストロゲンが乳がん細胞と結びつくことを妨害することができます。エストロゲンと合体ができなくなった乳がん細胞は増殖の働きがおさえられます。

閉経前・後のどちらにも高い効果を示す

女性の体内で生成されるエストロゲンは、閉経前と後とで大きく異なります。しかし抗エストロゲン剤はエストロゲンそのものの分泌量に変化をもたらすものではないので、閉経前・後のいずれの女性に対しても高い効果を得ることができます。

実際のホルモン治療として使われる場合には、どちらかといえば閉経後の人に用いられることの方が多くなっているようです。

スポンサードリンク

抗エストロゲン薬は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .