乳がんnaviトップ > ホルモン療法ホルモン療法とは


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホルモン療法とは

女性ホルモン受動体の有無で症状が決まる

乳がんの症状の種類は、女性ホルモン受容体を持っているタイプと持っていないタイプとに分けられます。ホルモンは体内の各器官で作用するものですが、その器官のことを「ホルモンの標準器官」と呼びます。ホルモンは特定の標準器官があるものと、全身に標準器官を持つものがあります。

ホルモンは通常血液に入って全身にまわり、標準器官に到達したときに作用します。なぜ標準器官でのみホルモンが作用するかというと、体内の標準器官の細胞にはそのホルモンに対する受容体(レセプター)があるためです。ホルモンと受容体はしばしば「鍵」と「鍵穴」の関係にあたると例えられます。

がんの進行はエストロゲンが鍵となる

乳がんの進行に大きな関わりのある女性ホルモン、エストロゲンは「全身」と「子宮内膜」を標準器官としています。同じく女性ホルモンのプロゲステロンは「子宮内膜」が標準器官となっています。乳がんとなった場合、乳がん細胞の6〜7割はエストロゲンの受容体を持っているといわれています。

ホルモン治療について

女性ホルモンが乳がんと関わりを持つのはこの受容体をもつがん細胞がエストロゲンと合体をしてしまうためです。エストロゲンを取り込んだがん細胞は活性化されさらに増殖を早めます。

そこで、女性ホルモンの分泌量を低下させ、乳がん細胞へエストロゲンが取り込まれるのを妨害することで、乳がんの進行を止めることができます。そのために行われるホルモンコントロールが、乳がんにおけるホルモン治療の内容となります。

スポンサードリンク

ホルモン療法とはは以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .