乳がんnaviトップ > ホルモン療法LH-RHアゴニスト製剤


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LH-RHアゴニスト製剤

女性ホルモン分泌量の調整剤

乳がん治療の一環として行われるホルモン治療で多く使われている薬剤として「抗エストロゲン剤」や「LH-RHアゴニスト製剤」、「アロマターゼ阻害薬」などがあります。
その中の一種類である「LH-RHアゴニスト製剤」は、女性ホルモンそのものの分泌量を調整する役割をするものです。

LH-RHアゴニストの効用について

女性ホルモンのエストロゲンは、閉経前には卵巣部分で作られます。
具体的な作用経路は、まず脳の視床下部から脳下垂体へホルモン分泌のための指令が出ます。指令を受けた脳下垂体は性腺刺激ホルモンを分泌し、卵巣にエストロゲンを生成するように伝えます。

LH-RHアゴニスト製剤の働きは、脳下垂体に作用をし性腺刺激ホルモンが出されるのを防ぐものです。乳がんの症状の6〜7割では、エストロゲンの分泌によって活発になり増殖が早まります。エストロゲンそのものの分泌量を減らすことで、乳がん細胞の活発化を防ぐことができます。

閉経前の患者さんが適応対象

しかし、女性の体内器官である卵巣は閉経と前と後とでかなり活動が異なります。
閉経後にはエストロゲンそのものが定期的に分泌されることはなくなるので、LH-RHアゴニスト製剤のようなホルモン分泌抑制効果のある薬剤は効果がありません。そのため、LH-RHアゴニスト製剤がホルモン治療に使われるのは、主に閉経前の乳がんの患者さんが対象となります。

閉経後の乳がんのホルモン治療には抗エストロゲン剤のように体内のホルモン分泌に関わるものではなく、がん細胞の働きそのものを阻害する薬品が使われます。

スポンサードリンク

LH-RHアゴニスト製剤は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .