乳がんnaviトップ > 放射線治療放射線治療の目的


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

放射線治療の目的

切除を最小限にする治療への移行

乳がんの治療方法は大きく分けて「乳腺組織の切除(外科手術)」「薬物療法」「放射線療法」です。
従来までの乳がん治療は、乳房の大部分をまるごと切除することが一般的でしたが、現在では切除は最小限にしできるだけその他の方法によって治療を行うようにする方向にシフトしてきています。

放射線でがん細胞のみを殺す治療方法

乳がんの放射線治療の目的とは、放射線を照射することによりがん細胞を殺すことです。
放射線には細胞のDNAを切断する働きがあるため、放射線の量や範囲を的確に設定しがん細胞に向けて照射をすれば正常な細胞を傷つけることなしにがん細胞だけを殺すことが可能になります。がん細胞は正常な細胞に比べて放射能の影響を受けやすいという性質を利用した治療法なのです。

放射線治療は乳がんに限らず多くのがん症例の治療に用いられていますが、中でも特に有用性が認められているのは鼻、口、のどなどの発生する扁平上皮がんです。反対に胃がんや腸がんにはあまり放射線治療は効果が見られないことも研究によって明らかになっています。

乳がんでは放射線治療が有効

乳がんにおける放射線治療ですが、乳がんは放射線による治療が非常に有効であることが証明されています。乳がん治療に放射線治療はが行われる場合としては「乳房温存手術の術後」「乳房切除手術の術後」「手術不能な進行乳がんの術前治療」「再発・転移性乳がんの治療」などです。

特に乳房温存手術と放射線治療は関連が深く、切除時にがん組織の取りこぼしがあった場合に備え、必ず放射線療法を行うことが決められています。

スポンサードリンク

放射線治療の目的は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .