乳がんnaviトップ > 乳房切除手術皮下全乳腺切除術


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皮下全乳腺切除術

術後のケアが容易に進められる術式

皮下全乳腺切除術は、乳房切除術の中でもかなり広い範囲で摘出を行う術式です。摘出をするのは皮膚内部にある乳腺全体とリンパ節です。

方法としては小さな傷を皮膚上につけ、そこから乳腺だけを抜き取るように切除し乳頭や乳輪、表皮はそのまま残しておきます。皮下全乳腺切除術の場合は他の全摘出を行う乳房切除術に比べて機能障害が起きにくく、再建手術も容易になっています。

ハルステッド手術について

皮下全乳腺切除術が行われる前に一般的に施されていたのが「ハルステッド手術」というものです。
これは大胸筋と小胸筋を含め全ての乳腺を取り去るものであり、まさに全摘出といっていいものでした。ハルステッド手術が行われた術後には、胸部は肋骨がくっきりと浮かび上がり、一目で乳がん手術を行ったことがわかるような見た目となってしまっていました。

全切除の術式は飛躍的進歩をしている

乳がんのがん病巣の広がりがあまりにも大きかったり、医学的な理由で放射線照射を行うことができない患者さんの場合には、乳腺部分の全摘出が行われます。乳房切除術にはいくつか方法がありますが、皮下全乳腺切除術は患者さんに対しての負担が非常に軽いものとして近年ではよく施術方法に選ばれるようになってきました。

乳がんの治療時には、できればもともとの乳房の形を温存できる方法が望ましいものです。ですが、全切除が必要と言われた場合もそう悲観的になることはありません。皮下全乳腺切除術のように、摘出後も目立たず再建の可能な術式も多く開発されているのです。

スポンサードリンク

皮下全乳腺切除術は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .