乳がんnaviトップ > 乳房温存手術乳房温存手術とは?適用される状況


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳房温存手術とは?適用される状況

できるだけ乳房を残す治療方法

乳房温存療法とは、乳がん治療のために乳房を切除するときできるだけ乳房を残す形で行うようにする方法です。乳がん治療として切除手術が行われるのは、早期乳がんと言われる0〜U期までの間です。他の部位への転移がない乳がんについては、病巣部分を切除することが、最も有効な治療方法となっています。

ハルステッドから乳房温存への移行

数年前までは、乳房温存療法は乳がん治療の考え方としてはそれほど浸透しておらず、長年にわたって患者の乳房のほぼ全体を切除する「ハルステッド手術」が行われてきました。
しかし、乳房の切除は体に後遺症を残す重い症状を引き起こすだけではなく、女性にとって大きな心理的なダメージを与えるものでした。

そこで近年の治療技術の発展や患者側からの強い要望に後押しされる形で、乳房温存療法が乳がん治療に用いられるようになったのです。乳房温存療法を行うためには、マンモグラフィやCT、MRIなど切除をするべき部分を事前に詳細に確認する検査を先に行います。

また、切除部分をより小さいものにするために、比較的早期のがんであっても抗がん剤や放射線療法を用いてあらかじめがんの病巣部分を小さくする治療を行い、最終的に切除を行うという方法がとられたりします。

乳がんで乳房を失うことは少なくなっている

乳房温存療法の適用ができない乳房の部分を切除する場合も、術後に形成外科などを受診することで手術前とほとんどかわらない状態にまで治すことができたという場合も多くあります。

乳がん治療で乳房を失う可能性は年々低くなってきているのです。

スポンサードリンク

乳房温存手術とは?適用される状況は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .