乳がんnaviトップ > 乳房温存手術乳房円状部分切除術


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳房円状部分切除術

根治性、整容性の二つの条件が必要

乳房温存療法では、がんをきれいに取り除く「根治性」美容的に満足できる姿として乳房を残すことができる「整容性」の二つの条件が揃ったときに可能となる方法です。

乳房温存療法が用いられるのは基本的にがんの病巣が部分が5cm以下のときですが、かならずしもこの5cmという範囲が絶対的な基準となって判断ができるものではありません。

乳房円状部分切除術について

乳房温存療法の手術方法には「乳房扇状部分切除術」と「乳房円状部分切除術」のいずれかが用いられます。乳房円状部分切除術では、がんの病巣部を中心として1〜2cmの正常乳腺部を含んで切除を行います。切除範囲は範囲が狭くて済むことが乳房円状部分切除術の特徴で、そのぶん術後の乳房の変形が少なくて済むのですが、反面検査や診断に誤りがあるとがんを取り残してしまう可能性があります。

乳房温存療法のいずれの切除術を行う場合であっても、切除によって欠損が起きてしまった箇所については周囲の乳腺や脂肪を移動させて形を整えなおし、放射線照射を行います。

切除以外の治療方法も選択可能に

近年乳房温存療法が増えてきたのは、検査方法が飛躍的に進歩したことにより、がんの早期発見が可能になったことと、がん病巣部分の大きさや場所を切除前に詳細に確認できるようになったことが大きな要因です。

また、切除術そのものを行わず、薬物療法や放射線療法により切らずに治療を行うことのできる乳がんの範囲も年々広くなってきています。数年前までは不可能とされてきたことが、今では一般的な治療方法として定着しつつあるのです。

スポンサードリンク

乳房円状部分切除術は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .