乳がんnaviトップ > 治療について乳がんの入院期間


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳がんの入院期間

入院は10日ほどと少なめ

乳がん手術のための入院期間は、その病院の治療方法や方針によってかなり前後があるものの、平均的には4日〜10日程度となっています。

乳がん治療のための切除手術を行ったのちには、傷跡からにじみ出る浸出液を取り除くための「ドレーン」が身体にとりつけられますが、この浸出がおさまりドレーンを外せるようになれば退院をすることができます。

術後の回復も早い

乳がん手術では、術後比較的早い時期から自分で行動することができます。ほとんどの患者さんは手術の翌日から自分の足で歩いてトイレに行ったり、自力で食事をとることもできるようになります。2〜3日くらいの短い療養のみで体力の大幅を回復させる人もかなり多くいます。そのため乳がん手術のために必要となる入院日数は、他の病気に比べてかなり短めとなっています。

入院日数が短いので、入院にかかる治療費も低めにおさえることができます。ですが、乳がんは手術をして全快というわけではなく術後も転移などがなされていないか経過をみながら、抗がん剤やホルモン治療などを受けなければいけません。

費用の確認を忘れずに

入院日数自体は短めですが、乳がん治療そのものは相当な長期間に渡るものと思った方がよいでしょう。乳がん治療を受けることが決まった時には、入院費用だけではなく、そのあとの長期的な通院費用も考えておかなければいけません。

入院をする前には、事前に病院から治療方法および看護環境や食事などの条件を確認しておくことが大切です。

スポンサードリンク

乳がんの入院期間は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .