乳がんnaviトップ > 治療について乳がん治療の基本


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳がん治療の基本

乳がん治療の歴史

日本における乳がん治療の歴史は、1805年に華岡青洲による日本発の麻酔薬を使った乳がん手術に始まったといえます。それ以後乳がんの標準治療方法は、何度も転換を繰り返してきました。

ハルステッド手術から乳房温存療法へ

現在、乳がん治療の基本として行われているのは「乳房温存療法」という切除する場所を小さくする方法です。乳がん治療が開始された当初より、かなり長い間にわたって行われてきた標準治療方法は「ハルステッド手術」という、疑わしい部分を含んだ全てを切除するという方法でした。
しかしこのハルステッド手術では手術を行ったあと肋骨が浮き出るなど非常に傷跡が目立つもので、後遺症も重い問題を多く含んだものでした。

負担軽減が進む減乳がんの治療

乳がん治療の基本姿勢が大きく転換したのは1970年代に入ってからです。
乳がん患者に対する大規模な臨床試験が行われた結果、リンパ節転移がなされている場合にはすでに別の部位にも転移が起こっているため、ハルステッド手術によってリンパ節まで切除をしてもあまり意味が無いことが証明されたことによります。

その後乳がん治療の基本的な考え方は、できるだけ患者の負担を少なくする方向に傾いてゆき、現在では切除を大前提とするのではなく、薬物療法や放射線療法と組み合わせ、できるだけ切除に必要な部分を小さくしてゆくものへと変化してゆきました。

外科的な切除手術はまだまだ必要ではありますが、近い将来には切除をせずに乳がん治療ができるようになるかもしれません。

スポンサードリンク

乳がん治療の基本は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .