乳がんnaviトップ > 治療について標準治療とは


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

標準治療とは

放射線療法と薬物療法が主流

現在、乳がんにおいて標準的に行われている治療は手術を基本とした放射線療法と、薬物療法の組み合わせです。他の部位に転移が認められない乳がんは乳房全体もしくは一部を切除することで治療が行われますが、このときできるだけ乳房を残そうとすることが最近の治療の主流となっています。

切除手術は5段階に分かられる

乳がん治療のための外科手術は切除範囲によって5段階に分けられています。

5段階とは1.しこりだけを繰り抜くように切除をする「腫瘍核出術」、2.やや範囲を広くししこりを中心として周囲2cmの正常乳腺を含めて切除を行う「乳房部分切除術」、3.乳房を全部切除するものの筋肉・リンパ節は温存する「乳房単純切除術」、4.「胸筋温存乳房切除術」として大胸筋だけを残す「ペイティー手術」と大胸筋と小胸筋を残す「オーチンクロス手術」、5.乳房、筋肉、腋窩リンパ節すべてを切除する「ハルステッド手術」、となっています。
このうち1.〜2.までのものを乳房温存療法と呼びます。

治療の技術進歩は日進月歩

最近ではU期の乳がんであってもいきなり手術をするのではなく、V期以降の乳がんと同様にまず化学療法として抗がん剤を使用し、がんを縮小させて切除する部分を少なくする治療法がとられることもあるようです。

また、最近ではセンチネルリンパ節生検を行い、従来よりも素早く確実に転移がされているかどうかを判断する方法もとられるようになっています。乳がん治療については日進月歩で技術の進歩がなされているのが現状です。

スポンサードリンク

標準治療とはは以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .