乳がんnaviトップ > 癌が確定した時の検査MRI


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRI

切除範囲を最小限に

早期乳がんの場合、標準治療法として乳房温存療法がとられます。
この乳房温存療法とは乳房を全摘出することなく、病変部分のみを部分的に切除するものです。

乳房の喪失は女性にとって大きな精神的なダメージにつながるものなので、乳房温存療法の役割はかなり大きなものとして注目をされています。

切除範囲を見分けるCT・MRI検査

乳がん治療に乳房温存療法をとろうとするためには、単にその乳がんが良性か悪性かという判断のみならず、がん細胞がどのように広がっているかを詳しく調べておかなくてはなりません。詳細な状態を検査によって確認しておかなければ、切除をするべき範囲がわからないからです。そのために検査で用いられるのがヘリカルCTやMRIという方法です。

MRI(核磁気共鳴画像法)

MRIとは核磁気共鳴画像法のことで、磁気を利用して画像を映し出します。
CTの場合X線を利用するため少量ながら被曝をすることになりますが、MRIの場合は放射線を使わないため体への負担もかなり軽くなります。MRIではあらゆる角度の輪切り画像を撮影することができ、3次元表示も可能です。

ガドリニウム造影MRI

乳がんの広がりを調べるときには、CTもMRIも造影剤を利用して検査します。MRIではガドリニウムという薬を造影剤として注射してから撮影を行います。
この場合を特に区別して「ガドリニウム造影MRI(MRM:MRマンモグラフィー)」と呼ぶこともあります。
また手術や投薬によって治療が行われたあとの経過を検査するためにも、CTやMRIは多く利用されています。

スポンサードリンク

MRIは以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .