乳がんnaviトップ > 癌が確定した時の検査ヘリカルCT/マルチスライスCT


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘリカルCT/マルチスライスCT

CT・MRについて

乳がんと診断されると、次に行われるのはその広がりや転移があるかどうかの検査が行われます。
検査では、骨スキャン、CT、MRIなどが使われます。これらの検査は外来または入院時に、手術の前に必ず行われます。CTやMRI検査では肺、肝臓、骨、脳などに転移がないかを調べ、骨スキャンでは骨転移の部位を確認します。

MRI検査で転移を確かめる

最近は乳がんの治療に乳房温存療法がとられることが多くなってきたため、これらCRやMRI検査は乳がんのしこり以外に乳房内に何らかの異変がないか確認する重要なものとなっています。

また、しこりのまわりにがん細胞の進展がないかどうかや、リンパ節転移の有無を調べ、センチネルリンパ節生検を行う必要があるかどうかも同時に判断されます。

マルチスライスCT

CTとはコンピュータにより断層映像を映しだす方法で、X線を体の周囲から照射して行います。
CTにより輪切り状にした写真を撮ることができます。従来までのCTは平面画像しか取ることができませんでしたが、「マルチスライスCT」では平面画像の積み重ねにより立体的な画像として臓器の確認ができるようになりました。

また「ヘリカルCT」では連続的にらせん状の撮影を行うことで、検査時間の短い、連続性の高い画像を確認することができるようになっています。

的確な判断を下すために

これら「マルチスライスCT」や「ヘリカルCT」によるCT検査では乳がんの進行度を確かめることができるため、乳がんの治療に乳房温存療法の適応が可能かどうかを慎重に判断することができます。

スポンサードリンク

ヘリカルCT/マルチスライスCTは以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .