乳がんnaviトップ > 間違えやすい病気乳腺腺維腺腫


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳腺腺維腺腫

乳腺線維腺腫の原因

乳腺線維腺腫とは、20代〜30代の女性に多く起こる症状です。
50代以上になると乳腺線維腺腫にかかる人の割合はほとんどなくなります。乳腺線維腺腫は乳がんに非常によく似た症状をしていますが、良性腫瘍であり乳がんのような危険な状態になることはありません。乳房に起こる良性腫瘍の約8割はこの乳腺線維腺腫と言われています。

症状・検査について

乳腺線維腺腫になると、乳房部分にしこりができます。しこりの形は丸く、やわらかく指で押すと動くという特徴があります。ほとんどの場合では1つだけぽつんとできますが、中には複数のしこりができるケースもあります。しこりに痛みなどを感じることはありません。乳腺線維腺腫は良性腫瘍なので、のちに進行してがん化するようなことはまずありません。

治療が必要ないこともある

小さなものであれば特に日常生活に支障をきたすこともないので、そのまま特別な治療を行わずに経過観察となる場合がほとんどです。

治療が必要となるのは乳腺線維腺腫のしこりが肥大化した場合です。症例の中にはこぶし大にまでしこりが大きくなった場合も見かけられます。また、それまで小さかったしこりが突然大きくなりだした場合も注意が必要です。

治療について

乳腺線維腺腫で治療が必要とされた場合には、まず生検が行われます。
生検によって乳腺組織を採取し、原因などを詳しく探って対処法を決めます。急激に大きくなった乳腺線維腺腫のしこりについては、摘出するための手術が行われる場合もあります。

スポンサードリンク

乳腺腺維腺腫は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .