乳がんnaviトップ > 乳がんの種類硬癌


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

硬癌

悪性度の高い硬癌

危険な浸潤乳がんのうち、全体の約40%程度を占めるのが硬がんと呼ばれるタイプです。
硬がんとは乳管の外側に砂をパラパラまき散らしたような形で進行をしてゆくがんであり、乳がん症例の中でも危険度の高い注意が必要なタイプとなっています。

硬がんの特徴は横方向(=体の表方向)よりも縦方向(=背中方向)に広がりやすいことであり、これは他の体内の重要部位への転移が予想される極めて危険な性質です。
硬がんが乳がんの中でも危険度が高く、治療が難しいと言われている最たる原因がこの縦方向への進行です。

縦への拡張が早いという特徴は乳管からの浸潤により、がん細胞がリンパ節へより早く到着してしまうことにつながります。
リンパ節は体内の重要部位にくまなく巡る重要な場所であるため、ここにがん細胞が到達してしまうことで、かなり深刻ながん症状を引き起こしてしまうのです。

硬がんでも早期発見、早期治療が大切

危険度の高い硬がんであっても極端に死亡率が高まるわけではなく、浸潤乳がんの中でも比較的良性とされる「乳管腺管がん」と比較しても発見後10年以内の生存率はわずかに15%くらいしか差がないといわれています。

どのようなタイプの乳がんであっても、早期に発見できれば必要以上に恐れることはありません。
大切なのは定期的な乳がん検診を受け、早めの発見、早めの治療を受けられるようにしておくことなのです。

スポンサードリンク

硬癌 は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .