乳がんnaviトップ > 乳がんの種類乳頭腺管癌


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳頭腺管癌

浸潤乳がんのひとつ

乳がんの進行状態で危険なのは、上皮細胞が変化してできたがん細胞が基底膜を突き破り、体の他の部位にまで進行をしてゆく浸潤乳がんとなった場合です。
浸潤乳がんもいくつかのタイプがありますが、浸潤乳がん全体の約20%を占めるのが乳頭腺管癌です。

乳頭腺管癌のがん細胞について

乳がんを診断するときには採取した細胞を顕微鏡で観察します。
検査時にがん細胞の変異がもともとの細胞の形に近い様相をしていた場合「がん細胞の顔つきがいい」と専門的な言い方がされることがあります。

乳頭腺管がんはがん細胞が腺管を作りつつ広がるため、キノコ状に発育する特徴を持ちます。
また、がん細胞の分化度(細胞が本来あるべき細胞の形に近いこと)が高い高分化型をしていることが多いことも同じく乳頭腺管がんの特徴となっています。

浸潤の特徴は?

乳頭腺管がんは横(=体の表側)方向に広がってゆく力が強く、縦方向(=背中側)へ向かって浸潤してゆくことはほとんどありません。
背中側への移動が少ないという性質は、深刻な体内の部位への転移のもととなるリンパ節に伝わる可能性が低くなります。

乳頭腺管がんはリンパ節転移の確率は低く、予後も良好とされています。
ただし、乳頭腺管がんは比較的広範囲に広がってゆく性質もまた持ちあわせているので、「しこり」のようなわかりやすい形で見られにくい、という問題点があります。

スポンサードリンク

乳頭腺管癌は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .