乳がんnaviトップ > 乳がんの種類非浸潤がんと浸潤がんの違い


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

非浸潤がんと浸潤がんの違い

乳がんの発生部位について

乳がんは、乳腺組織にある上皮細胞ががん化して起きるものですが、上皮細胞はすべて基底膜という膜に乗っています。
乳がんは「乳管癌」と「小葉癌」とがありますが、いずれも上皮細胞のみのがん化ではじまり、基底細胞を破らずにとどまっている場合は、手術によって切除を行えば完全に乳がんを治療することができます。

基底細胞に留まっているかどうかが境目

「非浸潤乳がん」と「浸潤乳がん」の違いは基底細胞をがん細胞が超えて進行するかどうかです。
乳がんが疑われたとき穿刺吸引細胞診といわれる、針を差し込んで細胞を採取して検査を行います。
がん細胞が基底細胞を超えない非浸潤乳がんと診断された場合であればそのがんそのものの治療を行えばよいのですが、問題なのは基底細胞を超えて進行している浸潤乳がんです。

浸潤乳がんの特徴

浸潤乳がんになると、がん細胞は乳房内の静脈やリンパ管に入り込み、次第に体内の別の臓器に飛び火して新たながん細胞を産み出す可能性が非常に高くなります。
このようながん細胞の別部位への進行を「転移」と呼びます。

がんという病気の最も恐ろしい点はこの「転移」があることで、浸潤乳がんでは乳がんそのものの治療が済んでも数年を経て別の重大ながんが発症する場合があります。
実際、乳がんの発見を皮切りとし肝臓、肺、脳といった人間の生命維持にきわめて重要な場所でのがんが次々と見つかったという人も珍しくありません。
浸潤乳がんである可能性も考え、乳がんの早期発見には全力を尽くすようにしましょう。

スポンサードリンク

非浸潤がんと浸潤がんの違いは以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .