乳がんnaviトップ > 乳がんかなって思ったら?組織診(針生検とマンモトーム生検)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

組織診(針生検とマンモトーム生検)

細かな検査ができる生検(組織診)

乳がん検診において、穿刺吸引細胞診や分泌液細胞診のような細胞診でもがんという診断がつかなかった場合には、さらに大きな細胞を採取するための検査を行うこととなります。

いわゆる「生検(組織診)」と呼ばれるもので、組織を多く採取することで診断を確定させるとともに、ホルモン療法や分子標的治療が可能かどうかまで細かく調査することができます。

生検の種類は3つ

生検の種類には「針生検」「摘出生検」がありますが、さらに近年では「マントモーム生検」が注目を集めるようになってきました。

従来「生検」と呼ばれてきたものは「摘出生検」という小手術によって乳房の一部を切開し、細胞を採取するものでしたが、これは検査を受ける人にかなり大きな負担(侵襲)を与えてしまうため、最近ではほとんど行われることはなくなっています。

針生検とはその名前の通り針によって組織を採取するものですが、穿刺吸引細胞診のときに使われるものよりもやや太い針を使います。太さは鉛筆の芯くらいあるので、針生検を行うときには局所麻酔が必要です。

3D処理が可能なマントモーム生検

マントモーム生検とは、触診ではわからないようなごく小さな病変について行われる方法です。
患者さんにうつぶせになってもらい、マンモグラフィの要領で乳房を挟み込みX線撮影を行います。

マンモグラフィで得られる画像は平面ですがマントモーム生検では3D処理ができるため、病変の位置を確実に特定することができます。病変の位置を確認したら針を誘導し病変の組織だけをきちんと採取するのです。

スポンサードリンク

組織診(針生検とマンモトーム生検)は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .