乳がんnaviトップ > 乳がんかなって思ったら?細胞診(穿刺吸引細胞診と分泌液細胞診)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

細胞診(穿刺吸引細胞診と分泌液細胞診)

検診は負担の少ない順番に行われる

乳がん検診において、視診・触診、超音波検査、マンモグラフィ検査を受けることで何らかの乳がんの疑いのある徴候が見つかった場合には、直接細胞や組織を調べる検査を受けることとなります。

乳がん検診は基本的に検査する人にとって負担が少ないものから順に行われてゆきます。

細胞を検査する穿刺(せんし)吸引細胞診

超音波検査やマンモグラフィによってがんの疑いのあるしこりが見つかったときには、穿刺(せんし)吸引細胞診という、細い針をしこりに差し込んで一部を取り出し詳しく調べる方法がとられます。
しこりではなく乳頭からの異常分泌液がある場合には、分泌液細胞診として液を採取し、分泌物内にがん細胞が含まれていないかどうかを顕微鏡で確認します。

穿刺吸引細胞診は、乳房内のしこりに細い注射針を差し込み、細胞を吸引して採取します。
痛みは蚊に刺された程度と言われ、検査する人にとっても負担はほとんどありません。
しこりが明瞭な形をしており、針をしっかり命中させることができればかなりの数の細胞を一度に採取することが可能です。

高い確立でがんを発見する穿刺(せんし)吸引細胞診

穿刺吸引細胞診の結果「がんである」と結論することができた場合、98〜99%という非常に高い確率で実際のがんを見つけることができます。

問題は穿刺吸引細胞診によってもがんと断定できない場合で、検査方法に問題がなかったかを合わせ再度細かい検査が必要となってしまうことがあります。穿刺吸引細胞診は非常に細かい作業であるため、経験を積んだ医師であっても難しい手技なのです。

スポンサードリンク

細胞診(穿刺吸引細胞診と分泌液細胞診)は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .