乳がんnaviトップ > 乳がんかなって思ったら?マンモグラフィ検査


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンモグラフィ検査

乳腺専用のレントゲン検査

日本よりもかなり多くの乳がん患者を抱えるアメリカや欧米諸国で、早くから乳がん検診に利用されてきたのが「マンモグラフィ」検査です。マンモグラフィとは乳腺専用のレントゲン検査のことです。
マンモグラフィ検査では二枚の板を使って検査を受ける人の乳房を挟み込み、平べったい状態にして撮影します。

がん発見に有効なマンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査を受けたことのある人のほとんどが、この乳房のはさみ込みに対して「ものすごく痛かった」というような感想を持ちます。しかし乳房部分のしこりやその周囲の正常乳腺の差を際立たせるためには非常に有用な方法なのです。さらに挟みこみにより検査者の受ける放射線の量が少なくなるので、被曝量をおさえることができます。

マンモグラフィ検査での挟み込みでは、上下・左右それぞれから圧迫をし、さまざまな角度から撮影を行います。乳房内にしこりがあった場合には、レントゲン画像に白く映し出されます。周囲の組織を引きこむようなギザギザ形状をしていることが乳がんの特徴であり、この形のことを専門用語では「スピキュラ」と言います。

微小なしこりを発見する超音波検査

しこりの発見のためには超音波検査も使われますが、発見の精度で比較するとマンモグラフィの方が圧倒的に高い効果を出すことができます。さらにマンモグラフィ検査では触れることのできないような微小なサイズのしこりを見つけることもできます。
乳管癌によって細胞内に石灰化が起こっていれば、極小なものであってもマンモグラフィははっきり映し出します。

スポンサードリンク

マンモグラフィ検査は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .