乳がんnaviトップ > 乳がんかなって思ったら?視触診について


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

視触診について

検診は問診・視診・触診から始まる

病院で行われる乳がん検診では、まず問診や視診・触診が行われます。
乳がんは他のがんと違って患部をよく観察することにより徴候を発見することのできる種類のがんであるため、この問診や視診・触診は非常に重要です。視診や触診によってしこりが発見されれば、大きさを測ったり場所を確認したりすることができます。

また、しこりとして表面に現れてこないタイプの乳がんもありますが、そのときの判断材料となるのは血性乳頭分泌があるかどうかです。血性乳頭分泌によって早期がんが見つかったというケースもあるので、検診を受けるとともに日常的に分泌される液がないかを調べておくようにしましょう。

超音波検査とマンモグラフィ検査

乳がん検診において視診や触診の次に行われるのが画像検査となります。
画像検査は超音波検査とマンモグラフィ検査の二種類ですが、乳がんの発見に最も効果があると言われるのはマンモグラフィです。マンモグラフィを使うことで視診や触診ではみつけにくいしこりや石灰化した部分を発見することができます。

穿刺吸引細胞診と生検

検査によって発見されるのは5mm程度の大きさになった病変です。
もし検査によってがんの疑いのある組織が発見されたときには、細い針を差し込んで直接細胞を採取する「穿刺吸引細胞診」が行われます。

穿刺吸引細胞診によって検査が行われれば、乳がんの80〜90%が診断可能となります。それでも診断がつかない場合には生検という、より組織として細胞を採取して調べる方法がとられます。

スポンサードリンク

視触診については以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .