乳がんnaviトップ > 乳がんかなって思ったら?乳がんのセルフチェック方法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳がんのセルフチェック方法

定期的なセルフチェックが早期発見につながる

乳がんを早期に発見するための方法としては、定期的に自分で触診をして「しこり」などが乳房にないか確認することが有効な手段です。
実際乳腺外科を受診する人のほとんどが自分で触診したときに「しこり」があることを気にして訪れています。

乳がんの疑いがある「しこり」とは、しこりが皮膚表面に近い場所にあったり、皮膚が引っ張られてえくぼ状のくぼみを作っている場合です。また乳房全体や広い範囲が赤く腫れたりオレンジの皮のような毛穴の開きを見せている場合もかなり危険な状態であるということができます。

良性、悪性の判断方法

良性のしこりか悪性のしこりかを判断するときのポイントはいくつかあります。
まず、良性のしこりの場合にはしこりは消しゴムくらいの硬さをしていますが、悪性のしこりは石のように非常に硬くなっています。

また、良性のしこりは境界がはっきりしており、クリクリとした感じですが、悪性の場合は境界が曖昧で大きさもまばらです。さらに良性のしこりは指で押すと逃げるように動きますが、悪性の場合には指で押しても動いたりすることはありません。

しこりが見つかった場合

乳房部分にできるしこりのすべてが病的なものというわけではありません。
もし触診によりしこりが見つかった場合であっても、あまり焦ったりパニックを起こしたりすることはせず、落ち着いて専門の医師に相談してみるようにしてください。
また、しこり以外にも乳頭から茶褐色の分泌液が出るような場合も3分の1の確率で乳がんが疑われるので、気づいたらすぐに対処するようにしましょう。

スポンサードリンク

乳がんのセルフチェック方法は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .