乳がんnaviトップ > 乳がんの原因プロゲステロンとは?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロゲステロンとは?

プロゲステロンは女性ホルモンの一種

乳がんは、体内で生成される女性ホルモンに大きく関連を持っています。
女性ホルモンの種類には「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が代表的です。乳がんにもっとも関連性が高いと言われる女性ホルモンの「エストロゲン」は、女性の第二次性徴の発現や生殖機能維持、さらに卵胞の成熟、排卵促進、子宮内膜の増殖などの性周期の前半を維持するという重要な役割を果たします。

妊娠持続作用を担うプロゲステロン

同じく女性固有の体の働きを司るのが「プロゲステロン」ですが、そちらは卵胞発育の抑制など性周期後半の維持をしたり、子宮内膜の肥厚、妊娠持続作用などといった役割を果たしています。

「エストロゲン」と「プロゲステロン」が血液中にどれくらい含まれているかを調べることで、その女性の卵巣や卵黄、胎盤の働きを把握することができます。
副腎や下垂体の異常や変化を調べるときにも使われます。

ホルモン治療について

女性の更年期障害の治療のためにはホルモン治療を受けることが多くあります。
投薬や注射によってエストロゲンを補充する治療法が用いられますが、この治療法によって乳がんや子宮体がんが増加するという副作用もきかれています。

しかしこの補充療法にプロゲステロンとの合剤を使用することで子宮体がんの発生率を大きく下げることができます。ただし、乳がんにかんしてはエストロゲンとプロゲステロンを併用したホルモン補充治療であっても乳がんの発生率に変化はなく、ホルモン補充治療を行わない人に比べて若干増加する傾向となります。

スポンサードリンク

プロゲステロンとは?は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .