乳がんnaviトップ > 乳がんの原因乳がんと女性ホルモンの関係


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳がんと女性ホルモンの関係

乳がんはすべての女性が同じ確率でかかるわけではありません。乳がんになりやすい体質があることが研究によって明らかになっています。

乳がんになりやすい危険因子を簡単に並べてみると、「1.初潮が早い」「2.月経周期が規則正しい」「3.月経周期が短い」「4.閉経が遅い」「5.出産経験がない(未婚を含む)」「6.高齢出産をした」「7.社会的な階層が高い。高学歴である」「8.肥満体質である」「9.家系に乳がんの人がいる」「10.良性の乳腺疾患の既往歴がある」「11.子宮体がん、卵巣がんの既往がある」「12.長期間、ホルモン補充治療を受けていた」などとなります。

乳がんの因子とは

バラバラのように見える乳がん因子ですが、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」が関係しているという点で共通しています。1.〜5.の項目はすべて生理に関連していることですが、生理の期間はエストロゲンが多く作られるため、体内のエストロゲン濃度が高くなります。
乳腺がエストロゲンに多くさらされることにより、乳がんの原因となってしまうのです。

乳がんの罹患率

乳がんの罹患率をみると、日本人よりもアメリカや欧米各国の方がかなり高い数字となっていますが、その理由もこの生理によるエストロゲンが関連しているようです。統計的に見て白人種の方がアジア人に比べて初潮を迎える時期が早く、閉経が遅いという特徴があります。

生理により女性ホルモンであるエストロゲンにさらされた期間が短いほど、乳がんとなる可能性は低くなる傾向にあるのです。

スポンサードリンク

乳がんと女性ホルモンの関係は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .