乳がんnaviトップ > 乳がんについて若年性乳がんについて


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若年性乳がんについて

若年性乳がんの原因

乳がんにかかりやすい年代は、30代後半〜40代後半くらいとされています。
乳がんになる要因は多くありますが、その中でも比較的若年のうちに発症しやすい乳がんが「遺伝性(家族性)乳がん」です。
乳がんに限らずがんは遺伝的な要因が大きく関連することが知られていますが、乳がんに関しては家族性で発症するのは全体の5%程度と言われています。

原因遺伝子とされるのは「BRCA1」「BRCA2」の二種類となっています。
家族性乳がんの人のうち、BRCA1陽性である人が52%、BRCA2陽性の人が32%、残りの16%は原因遺伝子が特定できない人であったというアメリカのデータがあります。
同じ研究によると、これらの遺伝子を持つ人のうち、75歳くらいまでに約80%が、50〜60歳くらいまでに約40%の人が家族性乳がんを発症すると公表されています。

若年性乳がんの特徴

家族性乳がんの特徴は他の原因に比べてかなり若年時に発症することです。
また、両側の乳房に相前後して発症する可能性が高いことも同じく特徴となっています。

若年性に発症する家族性乳がんが出やすい人とは
「第一等近親者(親、子供、兄弟姉妹)に発端者(本人)を含めて3人以上の乳がん患者がいる」
または「第一等親近者に発端者を含め2人以上の乳がん患者がおり、かつそのうち1人が1.40歳未満の若年発症者、2.両側乳がん患者、3.他の臓器でがんを合併している、4.男性乳がんとなった、人」となっています。

スポンサードリンク

若年性乳がんについては以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .