乳がんnaviトップ > 乳がんについて良性の石灰化と悪性の石灰化の違い


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良性の石灰化と悪性の石灰化の違い

マンモグラフィで乳腺に発見されることがある「石灰化」は、良性の場合と悪性の場合があります。
乳管の部分にがんができるタイプの乳がんにかかると、乳管部分の細胞が増殖して奥にある細胞が壊死を起こします。壊死をした細胞にカルシウムが付着して起こるのが石灰化です。

良性の石灰化の場合

発見された石灰化でも、良性腫瘍の線維腺腫の場合であれば乳がんの心配はありません。
石灰化された細胞をよく観察してみたとき、比較的粗大な形状をしていれば、良性である可能性が高くなります。

悪性の石灰化の場合

反対に乳がんの疑いのある悪性の石灰化の場合には、針状の細い線や、細かく枝分かれを起こしたような形状をしていることが多くなります。
比較的微細な大きさであったり、多形性という大小統一感のないものが点在している場合には、悪性の石灰化を疑った方がよいでしょう。

ただし、乳がんの疑いのある石灰化であっても、微細な石灰化でとどまっているような場合にはがんが乳管内にとどまり、基底細胞を超えて転移などを起こしていない非浸潤性乳管がんであることが推測されます。

マンモグラフィと穿刺吸引細胞診

マンモグラフィの導入によって石灰化の病変の発見率は飛躍的に増えましたが、この石灰化が本当に乳がんによって起こされたものであるかの判断はしばらく難しい問題とされてきました。
しかし、現在は穿刺吸引細胞診という細胞診が用いられ、より明確に判断できるようになっています。
穿刺吸引細胞診では細い注射針をしこり部分に差し込み、細胞の一部を吸引してきて詳しく内容を調べる方法です。

スポンサードリンク

良性の石灰化と悪性の石灰化の違いは以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .