乳がんnaviトップ > 乳がんについて乳がんは乳房のどこにできる?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳がんは乳房のどこにできる?

乳腺組織にできます。

乳がんとは、具体的には「乳腺組織」に発生するがんのことを言います。

乳腺とはブドウ状に枝分かれした乳管に、小葉という母乳を分泌する袋状のものがついたものです。
そして、乳頭を中心にいくつもの乳腺があつまったものをまとめて「乳腺組織」と言っています。
女性が妊娠をすると女性ホルモンの影響で乳腺が発達してゆき、出産時に乳汁分泌ホルモンが働いて乳腺から母乳が出るようになります。

発生部位によって呼び方があります。

乳がんは乳腺組織の一部を構成している細胞の遺伝子が、なんらかの要因の積み重ねによって変異しがん細胞となってしまうことで起こります。
乳がんはほとんどの場合で小葉を出てすぐにある乳管(腺管)の上皮細胞が増殖することで起こります。

上皮細胞とは腺房や乳管の内側を取り囲むようにしてあるので、ここががん化することで内側に向かって細胞が密になってゆきます。
この上皮細胞ががん化して乳管の通り道を狭くする場合を「乳管癌(腺管がん)」と呼びます。

このほかにも乳がんには小葉(袋)の部分から発生する場合も数%の割合であり、その場合は「小葉がん」と呼ばれ区別されています。

いずれの場合も、がん細胞が浸潤したり転移したりするときには基底膜を越えてゆくこととなります。
この基底膜を超えずに乳管内や小葉内にとどまっている場合は乳がんの中でも比較的良性とされており、「非浸潤がん」と呼ばれのちに再発や転移を起こす可能性が低いものと診断されます。

スポンサードリンク

乳がんは乳房のどこにできる?は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 乳がんnavi All rights reserved .